高校入試で志望校を決定する前に、考えておきたい2つの軸

高校卒業時の2つの軸
須藤真臣
脳機能をベースにした学習方法で、お子さんの天才性を引き出す。

学習スタイリストの須藤 真臣です。

まさおみ

AOでの大学入試に向けて、面接・小論対策
中3の学力テストABC対策

2つの対策で、更新が久しぶりになってしまいました。
すいません。

小論文・面接対策を希望の方はお早めにご相談ください。

札幌の高校受験生の中学3年生は、12月は三者面談で志望校を決めなくてはいけません。

志望校を決める前に、考えてもらいたいことがあります。

須藤真臣
12月9日(土)の夕方からチャリティマインドマップセミナーを開催します。
詳しくはこちらのリンクからご覧ください。

2020年に向けての志望校選び

今年の中学3年生が高校3年生になるときには、大学入試が変わります。

センター試験が無くなって、はじめて新しい制度での入試が行われる年に、大学受験になるのが今の中学3年生なのです。

ですから、今から大学進学についても考えておいて欲しいのです。

悩めるお母さん
大学受験!?
まだ、高校受験も終わっていなんですけど・・・
まさおみ
高校受験が始まる前に、お子さんに合った進路を選べる高校を選んで欲しいのです。

志望校候補の高校は、どんな進路指導をしているのか?

志望しようとしている高校の進路指導は、どうなっているのでしょうか?

進路実績のことではありません。

どの大学にどのように進学しているのでしょうか?

高校が持っている指定校推薦で?
AO入試に対応して?
センター試験を重視して?
2次試験などの独自試験を重視して?

大学に進学するといっても、いろんな方法があります。

まさおみ
いろんな方法があるからこそ
お子さんに合った進路指導ができる高校を選びたいのです。

大学入試が変わるから見極めておきたい!

まさおみ
大切な3年間を過ごす高校の校風などは大切ですが・・・

私はこの2つの軸を重視して、進学研究室の生徒さんには志望校を提案しています。

  もちろんですが、内申ランク・学力点なども考慮してになります。

AO入試重視 ー 従来型テスト重視
コース・システム ー 個別

 

1つ目の軸は、AO入試重視か、従来型のテストを重視するかです。
高校1年生から大学でやりたいことがある程度決まっていて、準備をしていくことができるなら、面接・小論文などを重視したAO入試での合格を目指すのも1つですし、テストで点数を得意にしているのであれば、コツコツと学習を続けてもOKですし、部活動などを楽しんで3年で学力を一気に伸ばしてもOKの従来の入試に近い形での合格を目指すのも1つです。

もう2つ目の軸は、コース・システムでの指導を得意にしている学校なのか、個別に進路指導を行う学校なのかです。
学校によってはコースによって、国公立型・私立型と分けるように、コース・システムを重視した進路指導を行う学校もあります。
あるコースで学んでいると、他の選択がしにくくなるケースもありますので、注意が必要です。
学校によっては、個人の選択に合わせた指導を行ってくれる学校もあります。

どちらかを選ぶということではありません。

学校として、どちらをどんな割合で重視しているのかというような感覚です。

まさおみ
Hランクのお子さんを国立大学に現役合格させるノウハウがある!とか、AO・推薦入試に力を入れていて、その指導に長けているとか、特徴が学校によってあるのです。

どのように大学への進路指導を行っているのか?
親子で考えてみてから、志望校を決めても良いと思います。

須藤真臣
12月1日~17日までの限定で、高校入試志望校相談・学習法相談を60分1万円で行います。
通常は120分3万で行っているものを志望校・学習方法について考えて欲しいこの時期の限定価格で行います。
お申し込みは、こちらのフォームからお願いします。

高校卒業時の2つの軸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA