まず、お母さんが欲張らない!2学期末テストのためにお母さんが気をつけておきたいこと

須藤真臣
脳機能をベースにした学習方法で、お子さんの天才性を引き出す。
学習スタイリストの須藤 真臣です。
まさおみ
体調を崩してしまって、しばらくぶりの更新になってしまいました。
すいません。

2学期末テストでお子さんの成績を伸ばすためにお母さんはどんなことをするべきなのでしょうか?

できるだけ良い点数を取らせたい!

そう考えているお母さんは多いと思います。
ほとんどお子さんも、できるだけ良い点数を取りたいと考えています。

しかし、成績を伸ばすために学習し、結果を出せるお子さんは多くはないのです。

はっきり言います。

悪い点数よりも、良い点数を取りたいと考えているのは親子で同じです。
しかし、そのためにお子さんは行動することができないのです。

悩めるお母さん
「やりなさい!」って言ってもうちの子はやらないのですけど・・・

いつもの一言ではお子さんは、動かないのです。

お子さんが行動できるようにサポートをしなくてはいけないのです。
そう、お母さんも、いつもの「勉強しなさい」ではいけないのです。

2学期末テストに向けての学習法セミナーを行います。
10月28日(土)18:30~20:45
詳しくはこちらのサイトから
https://www.reservestock.jp/events/209155

お子さんの現状はどうなっているのか?

お子さんの成績を伸ばすために、何か行動を変えなくてはいけません。
どのように行動するべきを考えていくために、今の時点でのお子さんの状況を知る必要があります。

家庭学習の時間をしっかりと取れているかどうかは重要です。

学習時間がほとんどないという場合は、大きな課題になります。
学習塾などに通っている場合は、すぐに相談するべきだとは思います。

また、学校の授業のノート・ワーク・小テストなども確認をしておくべきでしょう。
学校の授業についていけているかどうかはカギになっていきます。

悩めるお母さん
勉強しなさい!

お母さんがこのように言わなければいけない場合は・・・
とにかく勉強しなさいという話になりがちです。

はっきり言いいます。

全部やれ!とお子さんは受け取ってしまいます。

たしかに、勉強しなさい!とお母さんが言わなければいけないような場合は、とにかくなんでも良いから勉強をするべきような成績のケースが多いのは事実です。

しかし、どれを学習するべきかを自分では考えられないのも事実です。
テストで結果を出すためにも、絞り込んで学習を進めるべきだと思います。

1学期のテストを振り返ってみる

ある程度、お子さんの学習の状況がつかめたところで考えてみたいことがあります。

それは・・・

1学期末テストの振り返りです。
何がうまくいって、何がだめだったのか?

お子さんの答案用紙を時間をかけてみる必要があります。
だめなことよりも、もう少しでできそうなことを確認しておかなくてはいけません。

どのように準備を進めていたのか・・・
直前の学習ではどんな状況だったのか・・・

実際の1学期の期末テストの答案用紙を見ながら、お子さんと話をしておくと良いかと思います。

志望校に必要な内申ランクからの目標設定を!

できるだけ良い点数を取りたい!

このような目標設定では実際にどのような学習をするべきかは見えてきません。

お子さんの現在の状況
1学期末テストの結果

お母さんにはこの2つをしっかりと理解しておいて欲しいのです。

学習内容は1学期よりも、2学期の方がより難しく複雑になっています。
ほとんどの中学校では、1学期よりも2学期の方がテストも難しくなってきます。

60点くらいの成績から90点を取るように大きく点数を伸ばすことは難しいのです。

ですから、欲張ってなんでもやるような目標を立てることは避けたいのです。
1教科ごとていねいに、テスト範囲をイメージして目標を立てて欲しいのです。

志望する高校があるのであれば、必要なランクをイメージして目標を立ててください。
1教科ごとに、ていねいに。

2学期末テストに向けての学習法セミナーを行います。
10月28日(土)18:30~20:45
詳しくはこちらのサイトから
https://www.reservestock.jp/events/209155

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA